なんやねん!もぉぉおぉ・・!?


昨日、ここに上げた記事のお話。

電車の中で

『いったいなんやねん!?もぉおおお!!』

的な出来事がありました。


書くか迷ったのですが
コメントを拝見して
私が落ち込んでる、と思ってるかなーと。

違うの。
私の「ヤクザ」な一面を露呈する出来事だったの。




いつも退社するよりは早めに出たのですが
結局時間がぎりぎりで電車の中で焦っておりました。

「大阪環状線」女性専用車両に乗っていたときのお話。

席は埋まっており
立ってる人はちらほら。

私は隅っこにつり革持って立っていました。音楽聴きながら。
心模様は焦っておりました。
「おでんでイッパイできねえ・・この時間だと。」

電車がある駅に止まり
人が乗ってきました。

チラ、と何気なくみると
男の人がドカ、っと乗り込みました。

目が合いました。
とっさに
「あ・・・なんか変」と(すみません)風貌で思ってしまいました。
いわゆるオタクな感じ。(すみません)
てか女性車両・・

すぐ目を逸らして車窓を眺めていました。

なんか変な感じがしました。

「見られてる?」

チラ、と見ると

その男性が離れた所から覗くようにこっちを見ていました。

「・・・・?」

目を逸らしました。
気のせいだと言い聞かせました。

また変な感じがしました。

気づくと
その人は真横に居ました。
直角に向かい合わせて。

「・・・!!こ、怖いよ・・・・・」

どうしよう、場所変えようかな
でもあからさますぎるよなってあきらかにこの直角っぷりはなんなんや!?

と考えて知らんふりのまま前を向いていました。
すると

左側に立ちやがって
肩を叩かれました。

心の中は
『ぎゃーーーっ!!』
悲鳴上げてます。



「・・・なんですか?」と聞きました。

すると
こうヤツは言いました。

「・・・いつもこの電車に乗ってるんですか?」

ta 「・・・・・は?」

「よく見かけるんです・・・(ごにょごにょ)」

ta 「・・・・・(なんだてめえ・・ケンカ売ってんのか?)」

「・・・いつも見ていて・・あの・・・声をかけたくて(聞こえないくらい小さい声)」

ta 「・・・・(ブチっ。スイッチ入る音)」

なんか言ってるけどさえぎって相手にこう言ってました。

「だから何や!?」
※ すごい顔だったと思います。

シーン。

すると
彼は
「すみません・・・」

と隣の車両に逃げていきました。

は、と気づくと
注目あびまくってました。

ジロジロ
じろじろ。

前の女二人連れは笑ってるし。

・・・・・・・はあ。

なんか私も逃げるのがイヤだったのでそのまま居ましたけど。
平気なそぶりで。

新手のナンパか?
女性車両で・・・。
世も末だぜ・・。
てかマニアックな野郎だ・・
なんやねーーーん!もう!


とこんなことがありました。でなんかモヤっとしてたの。

しかしあれだね思い返すと私の態度もどうだろう。
大人としてどうだろう?
ちょっと笑けて
ちょっと落ち込んで
ちょっと気持ち悪ーい後味悪し、な出来事でした。
(ちなみにお芝居はビシッ!と忘れて楽しみましたよ♪)


おそまつ。
[PR]

by tahike | 2008-03-01 21:07 | 日記